引き寄せの法則とは?

 

◆大きな流れに乗ってみよう。

「大きな流れ」というのを感じたり、乗ったことはあるでしょうか?
この流れのことは色々な本やセミナーやテレビで紹介されていますが、名前は色々あります。
ある本では運命と表現したり、あるセミナーの講師は人生と説明したり、チャネリングという言葉で表しているものなど様々です。
しかし、本質的にはほぼ同一のものです。
そして共通しているのが「大きな流れ」というものは本人次第で乗ることも降りることもできるのです。

人生がうまくいっていない、何もかも裏目に出るという人は流れから降りて逆らっている状態なのです。

流れに逆らっている状態というのは、とても辛く苦しいものです。
ちょっと想像してみてください。天気のいい涼しいキャンプ地などで、あなたは流れの激しい川で遊んでいます。
一緒に来た家族や友人、同僚や近所の人は浮き輪やボートでゆっくり流されながら遊んでいます。
しかし貴方は流れに逆らって立ち止まるどころか歩いて逆上っています。
他の人が楽しく何の労力もかけずに遊んでいるのに、貴方だけが辛く苦しい作業をしています。
一旦川から出て歩いて上流まで行ったほうが早くて楽なのにそれにすら気がついていないのです。

会社や人間関係などでも同じ事になっていないでしょうか?
自分以外のほとんどが、楽しそうに、要領よく会社生活を、仕事を進めている一方で自分だけがひたすら要領悪くもがいている。
自分だけがなぜかいつもタイミングが悪く何事も裏目に出てしまっている。
何もやっていないアイツが何故か上手く行っている。自分だけが何かに引っかかって周りだけがどんどん先に行っている。
流れに逆らっていると、こんな風に世の中を見てしまいがちになってしまいます。

◆私の事例

私の場合も同様で、ほぼ上記のように一体何で自分だけがうまくいかないのか?と自問自答しては何も答えが出ない日々が続いておりました。

自分が電話した時に限って不在の相手。
同僚はいつでもタイミングよく繋がる。

自分がとった電話が一番やっかいな種類のクレーム。
同僚はお礼の電話や簡単なものばかり。

自分が受けた仕事で問題が続発。
同僚は1ヶ月以上、重大案件なし。

あまりに多すぎて、細かいことも多すぎるので正直思い出せないくらいです。
何もかもが自分の動きをせき止めているようで引っかかると感じていた時でした。

私の場合、流れに逆らっていると言う状態は「今が我慢をする時なんだ!」と間違った新年を持っていた時期でもありました。
流れに逆らって無駄な労力を使い上流に逆上っていっていることこそが重要だと誤認していました。
流れに乗る=つまり無意識のうちに避けていた事、皆と合わせる事を避けていた結果でした。

皆に合わせて流れに乗ることを、何故避けていたのか?
きっと「会社というのは殺伐として苦労しかしないもの」と思い込んで潜在意識に刻みつけていたからです。
「会社というものを楽しんでもいいんだ」という考えを導入してから流れに乗れるようになりました。
不思議な事に

自分が電話した時に限って不在の相手。
同僚はいつでもタイミングよく繋がる。

自分がとった電話が一番やっかいな種類のクレーム。
同僚はお礼の電話や簡単なものばかり。

自分が受けた仕事で問題が続発。
同僚は1ヶ月以上、重大案件なし。

ということが全て解決し、

いつでもタイミングよく繋がる。

お礼の電話や解決可能な相談ばかり。

1ヶ月以上、重大案件なし(会社単位で)。

信じられないようですが、事実です。
日記を読み返して確認しながら書いておりますが、会社で流れに乗ることを覚えて1週間目くらいからのことです。

◆流れに乗ってみよう

私が極端な例だと思われるかもしれません。
全くの誤解です。自分よりも規模の大きな話としては例えば、「流れに乗って大金持ちになった」、「起業した」、「何もかもうまく行くので宝くじを買ったら当たった」などです。
それに比べたら非常に小規模なものです。

ですが、私でも効果が出た流れに乗る方法は皆様ならきっと私より大きく効果を出せると思います。

冒頭で「大きな流れ」を運命や人生や色々な呼び方や捉え方があると描きましたが、「大きな流れ」に気がつく方法は無数にあります。
宗教から気がつく人も、医学から気がつく人も、日常の経験から気がつく人も様々です。
このHPを読んで気がついて下さった方もいるかも知れません。

もし「大きな流れ」に気がついた、気が付きつつあるかもしれない、そのような方はぜひ当HPを読み進めてください。
当HPでは「大きな流れ」に乗れていない原因を解明しています。
そして「大きな流れ」に逆らっている原因は潜在意識の問題であることが多いのです。

当HPの記事が皆様の問題解決のお役に立てることを祈っております。

 

関連記事:スランプと潜在意識