モチベーションと潜在意識

モチベーションとは何でしょう?

◆モチベーションの本当の意味

私はモチベーションという言葉を知っていても実はその意味をよく理解していませんでした。
モチベーションとは「動機づけ」です。
つまり、何かを達成しようとするのに必要な原動力です。

しかし、自分のモチベーションはあっという間に消えてしまうものばかりでした。

勉強しなくては・・・と思っていても、全く手につきません。
ある資格の勉強をしようと決め、ネットで評判の良い参考書を買って勉強法も調べて、既に資格を持っている人間から勉強方法を聞いて・・・・と準備を進めていきました。
そして万全の状態で資格勉強に望んで行きました。

この時の私は

この資格を取らなければいけない
この資格を取らないと前に進めない
この資格を取らないと惨めなことになる
この資格を取らないと仕事にならない
この資格を取らないと収入が増えない
この資格を取らないと怒られる
とにかくこの資格を取らなくてはいけない
何が何でも取らないといけない

これが頭の中を埋めている思考で、私のモチベーションでした。
こうして文章に書くと、「こんなので達成できるはずないだろう!」と思われる方もいるのではないでしょうか?
しかし、当時の自分は全くそう思っていませんでした。
むしろ、まだまだモチベーションが足りない・・・・つまり、上記よりももっともっとキツく自分を縛り上げて鞭で尻を叩く必要がある、そう考えていました。

◆モチベーションを客観的に分析しよう

こうして客観的に見ることができる今でこそ、明らかに間違っていると分かりますが、当時の自分では、特に自分の思考を書きだしていない自分では全く気が付きませんでした。
潜在意識を活用し、自分の思考を客観的に見ることができるようになった今、ようやく本当の意味がわかった気がします。

自分が今までモチベーションとしてきた事は、全てが上記の「〜しなければ」でした。
そしてそれらの結果は、言うまでもなく失敗がほとんどです。
成功した例は、極限まで追い詰められた数例です。

そして、極限まで追い詰められるということはなかなかありませんし、あったとしたらそれは既に手遅れか最悪の一歩手前で踏みとどまるためのモチベーションです。
要は両方共ほぼ手遅れです。

それでは、正しいモチベーションの持ち方とは何でしょうか?

それは、「自分で決める」ことです。

なんだそれ?そんなの当たり前じゃないか!
自分で決めたからモチベーションなんだろうが!

ですが、少し待ってください。
「自分で決める」のはその部分ではありません。
もっと別の部分となります。

私の資格試験の例を見てみましょう。

この資格を取らなければいけない
この資格を取らないと前に進めない
この資格を取らないと惨めなことになる
この資格を取らないと仕事にならない
この資格を取らないと収入が増えない
この資格を取らないと怒られる
とにかくこの資格を取らなくてはいけない
何が何でも取らないといけない

こういって勉強を進めようとした時に、私の身に何が起こったでしょうか?
私は全力で資格勉強をしなくていい方法を考えるようになっていたのです。
たとえば、いきなり本棚の整理を始めたり、PCのメンテナンスを始めたり、スマートフォンに入れたアプリの更新を始めたり不要ファイルの削除や整理・リネームを始めたり・・・・。
ありとあらゆる方法を、勉強しなくていい方法を次々と生み出していきました。
(正直これはクリエイティブと言っていいほど創造的な作業をしたと思います)
おそらく当時の自分は潜在意識すら動員して全身全霊で資格勉強を避けていたと思います。
ある意味、潜在意識を使いこなした貴重な体験です。

◆モチベーションの正しい作り方

さて、この惨状を創りだした原因。
それは、

「資格をとる」という目的が自分で作られていなかった

ということです。
「この資格を〜」という言葉は確かに私自身が作ったものです。
しかしながら更にその大元、「資格をとる」ということを私は認めていませんでした。

心のどこか、潜在意識では資格なんて不要、余計な労力だ。
むしろ時間外にも仕事をさせやがって!
と思っていました。
これらの心の奥から噴き出る反発を無理矢理押さえ込んでいたのが、私の「モチベーション」の正体でした。

こんなもので上手くいくわけがありません。

この場合、正しいモチベーションの作り方というのは次のとおりです。

私はこの資格を取りたい、欲しい
私はこの資格を取って前に進みたい
私はこの資格を取ってもっと大きくなる
私はこの資格を取って仕事を押し進める
私はこの資格を取って収入を増やす
この資格を取って認められよう

私は自分で取る事を選んだんだ。

これを意識して、改めてモチベーションとして資格の取得に成功しました。
誰かに強制された事というものは絶対に成功しません。
その「誰か」がたとえ自分自身であっても同じです。

ですが、こうして「自分で決めて」しまえば徐々に歯車は回り出します。
それを持続することによって自分で求めることができなくなるほどの動きとなり、大きなモチベーションとなって、目標へとあなたを運んでくれるようになります。