雑念と潜在意識

インターネットと雑念と潜在意識(私の場合)

◆強力な雑念(私の場合)

私はインターネットをやっている時、油断するとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
例えば日曜日。朝の7時半には食事などを終えて既に机に向かっています。
そして、サイトの記事やHTMLについて学習しようとします。
しかし、なかなか出来ないんです(笑)。

私は外を出歩いたり旅行したり、あるいはジムとかで運動したりするよりも家の中でゆっくりする(ゴロゴロする)のが好きな人間です。
本を読むのは嫌いではないですし、本より手軽なインターネットをよく見ています。
特に気に入った記事があると、Evernote(エバーノート、画像も保存できる高性能メモ帳のようなもの)に片っ端から放り込んでいます。
これらは後から編集できますので、気に入った部分だけを残したり、太字にしたりとか出来ます。
日記をつけるのもオススメで、毎日つけています。
日記をつけるとなかなか気づきがありますが、これはまた別の記事に。

また、HPの原稿もやはりエバーノートにつけております。
こうしてご覧になっていただいている記事もエバーノートに最初打ち出しています。
その後、ウェブページへのアップロードという順となっています。

話がそれましたが、そんなわけでPCに向かう時間がとても長いのです。
PCでゲームをしているわけでも動画を見ているわけでもありません。
(ブログ記事で動画が貼り付けてあったりした場合は見ております。子犬の動画とか癒されますね。)
ただひたすらニュース系やアンテナ系のページを見ています。
あるページを見ると、その上の部分や最下層の部分に新着情報(自他ページの)があると思います。

そこに面白そうな記事があると、ついついタブでたくさん開いておいて後で呼んでしまいます。
そして、開いておいたページにはやはり上下にリンクがたくさんあって面白そうな情報が山盛りなわけです。

こんな感じで無限ループになり、あっという間に時間が過ぎてしまうことが多々あります。
こうしている間も油断すると無限ループに飛び込んでいっていしまいそうです。

◆簡単で難しい解決方法

このループを断ち切るには・・・・・お気づきの方もいるかも知れませんが簡単な方法があります。

インターネット接続を切る。

これだけです。
これだけで無限ループから抜け出すことができるのです。
なにせ接続できなければ、検索もリンク巡りも無限ループもできなくなります。

しかし、しかしですよ。
作成した記事をアップするのはもちろん、記事を書いている最中に調べ物をする時は接続が必要です。
これが一番危険な時間です。特に調べ物は思わぬページを発掘してしまい、そこからとんでもない時間が経ってしまうことが多々あります。
インターネットの情報に溺れている状態ですが、溺れている本人が幸せそうなので余計にたちが悪いですね。

個人的な意見ですが、インターネットは情報がダイレクトに伝えられるのは素晴らしい点です。
しかしあまりにも情報が多すぎてフィルタリングするのがとても難しいと思います。
特にこの時の自分はページを見るごとにフィルターを拡げていっているようなものなのでキリがありません。

何故ここまで雑念が出るのか?
それはモチベーションが関わっています。
モチベーションと潜在意識」の記事にも書いてありますように、「〜しなければ」と思っているとうまくいきません。
自分の潜在意識の反発が発生し、ありとあらゆる方法で「〜しなければ」から避けようとします。
しかしこれは悪いことではありません。嫌なことから逃げようとする本能なのです。
映画とかで主人公が感を働かせて鮮やかに危険を回避するのと全く同じなのです。

ですので私の場合は、まだまだ心のどこかで強制されていると思っている部分があって、それがこうして雑念という形で噴出しているのだと思います。
雑念という言葉ですが、実はその原因が全く別の所、別の形で存在しているのかもしれません。

もしみなさんも何かをしようとした時に、何かに集中しようとした時に雑念に囚われたら・・・。
一度「モチベーションと潜在意識」について考えてみてはいかがでしょうか?